子どもの成長と夢を支える

キャプテン翼サッカースクールでは、ボールを蹴ったこともない初心者の心技体の成長とサッカーを競技スポーツとして夢見る子どもを支え、指導していきます。

サッカーの楽しさを共有し追求していきます。
集団生活における人間性を育成します。
運動能力「発育発達段階」に合わせた指導をします。
技術の習得状況に合わせた指導をします。

キャプテン翼サッカースクールでは、各年代ごとの特徴に合わせた生活スキルの習得ができるよう指導していきます。サッカーで必要なスキルに関しては個々のレベルに沿ってSTEPを設け、年代にとらわれず指導していきます。

サッカースキル

STEP1

・サッカーを知る
・ボールへの執着心を持つ
・ゴールを目指す(向かう)
最初のSTEPとなるこの段階では、サッカーの初歩から学び、実行することに主観を置いています。
神経系の発達が著しく、身体作りを目的としたトレーニングもしています。

STEP2

・止める・蹴る (フリー)
・ボールを運ぶ
・相手をかわす
・1対1に勝つ
相手のいない基礎技術の獲得を目的としたトレーニングが中心となります。個人に着目し、ボールの扱いの基盤を作ることに重点を置き指導していきます。

STEP3

・止める・蹴る・運ぶ
・観て考える(味方・相手)
・サポート
・ゴールへの意識(考え方)
基礎技術の応用段階に入り、個人戦術の習得を指導していきます。ボール保持者へのサポート(ポジショニング)、観て考えてプレーするなど、考え方が主となるトレーニングを実践していきます。

STEP4

・状況判断
・ゴールへの意識(考え・実行)
個人戦術をさらにレベルアップさせる段階に入ります。様々な局面を想定し、ゴールへの道筋をイメージして実行できることを目的としてトレーニングをしていきます。

STEP5

・パーフェクトスキルの習得
・状況判断し実行できる
サッカーで必要なスキルすべての習得を目指します。試合中にボールを扱う能力の習得、それを状況に応じて的確に判断し実行できるように指導していきます。

生活スキル

U-6(年中・年長)

・話を聞こうとする
・挨拶のできる子
・サッカーが楽しい、好き
初めてサッカーを始めるこの年代では、サッカーを楽しんでもらうこと、好きになってもらうこと第一に考えています。

U-8(小学1・2年)

・挨拶が自分からできる
・あきらめない
・自分から話(意見)ができる
・話を聞く姿勢
小学校年代に入り、集団生活の中で個人の生活スキルが必要となります。スクールの中でも挨拶から始まり、取り組む姿勢についても身に付けられるようにしています。

U-10(小学3・4年)

・話を理解する
・協調性(フェアであること)
この年代では、サッカーとしても必要な理解能力を生活面でも大切にし、チームスポーツをする上での協調性を育んでいきます。

U-12(小学5・6年)

・集団意識
・リーダーシップ
・勝負へのこだわり
・高い目標へ努力する
この年代では、サッカーとしても必要な理解能力を生活面でも大切にし、チームスポーツをする上での協調性を育んでいきます。